HOYAのテツガク

We care about your eyes.
いつもあなたの眼のために

メガネレンズは目にならなければならない。
だから、かけてることを忘れるほど、
視界は快適でなければならない。
そうなって、はじめてメガネと呼べる。
その揺るぎない哲学は、HOYAが
提供するメガネレンズに携わるすべての
人の胸に熱く刻まれている。

一枚のメガネレンズを全工程、全力でつくる。それがHOYA クオリティ。
HOYA 松島工場 後編

オーダーを受けてから、その一つひとつをつくり出すHOYA のメガネレンズ。第2回「HOYA のテツガク」では、
特注レンズの生産拠点である、長野県のHOYA 松島工場で働く3 人のエキスパートにインタビュー。
後編では工場内の機器開発と、品質管理などの担当者にスポットを当てる。

左から 技術研究開発部 ライン開発室 大久保繁樹(おおくぼ・しげき)松島工場 製造部 製造1課 研磨・染色チーム 田中久子(たなか・ひさこ)松島工場 製造部 製造2課鳥海英雄(とりうみ・ひでお)

目視する。手で触れる。
それだけで品質がわかる。
その精度の高さは、
機械では不可能。

HOYA 松島工場では、いくつもの革新的な機器が開発され、人の手によるミスを無くしてきた。一方で、機械には
担いきれない繊細な感覚が必要な作業もある。HOYA クオリティは、人間と機械の共存によって保たれている。

大久保さん

大久保さんは染色装置をはじめ、松島工場で使われているHOYA 独自の機器を開発していますが、具体的には、どのような機器を開発したのでしょうか。

大久保メガネ店でレンズを加工する場合、工場で目印となるマークを印刷します。従来は、アイテムやレンズ設計に合わせたゴム判でマークを印刷していましたが、ズレが生じるほかにも、圧力が掛かって傷ができてしまうことがありました。

そこで考えたのが、インクジェットの技術を使ってマークを印刷する機器です。構想段階の、まだ実現できるかもわからない状態で、会社は開発にチャレンジさせてくれました。現在、その装置は実際に稼働していて、インクジェットになったことでマークを印刷するときのズレがなくなったほかにも、判の押し間違いも無くなりました。

機器の開発

開発しやすい土壌が、HOYA 独自の技術や革新性につながっているのですね。

大久保そうですね。開発という特性上、お話できない部分も多いですが、製造過程において自動化した工程がいくつかあります。自動化の狙いの一つは、人によるミスを無くすこと。特注品のレンズである以上、お客様は早く欲しいわけです。間違いも、納期の遅れもあってはならない。そのような気持ちで、機器の開発に臨んでいます。

鳥海さん

鳥海さんはレンズのカットや、加工済みのレンズをフレームに組み付ける作業、レンズの品質管理の担当者です。これらのなかで、人の手だからこそできる作業というのはありますか?

鳥海レンズをフレームに組み付けるとき、染色同様にサイズが数値で出てきます。しかし、その数値通りにレンズを削っても、実際に組み付けする段階で、少し削らないといけないことがあります。レンズをフレームにはめ込むときに、「これではダメだ」とわかるんですね。その感覚は人間しか持ち得ないものだと思います。

HOYAでは、0.1ミリメートルレベルの精度を追及しています。フレームタイプによっては、レンズのわずかなズレが、使っていくうちにフレームのゆがみにつながるからです。よりいいメガネを、より長く使っていただくためにも徹底しているポイントです。

機械よりも、機械を使う
人間の能力が大事。
社員達の経験が自信と誇りとなって
HOYA を支えている。

優れた機械が、優れたメガネレンズをつくるのではない。重要なのは、機械を“道具”として、自在に扱う人間の存在だ。

レンズ

高い品質をキープするために重要なことは、なんでしょうか。

鳥海基本的には機械を使ってレンズを加工していくのですが、それを管理するのは人。たとえば、同じ機械が10 台あれば、1台ずつの仕上がりにわずかな差が出ます。その個体差を見極めて、自分の手のように操作していくと。それが大事なんですね。機械の維持管理も日常的に行うようにしています。

大久保あとは、製造の工程でいう川上から川下までのすべての責任者が集まって、各セクションの状況を共有するようにしています。

田中一つのレンズができあがるまでに、この工場のなかだけでも、いくつもの工程を通ってきています。担当する作業は違っても、同じ一つのレンズをつくっているわけですよね。つまり、自分の目の前の仕事だけを見ていてはダメだと。工場には約300 人のスタッフがいますが、この意識は全体で共有できていると思います。

レンズ

レンズとともに、その想いも工場のなかでリレーションされているのですね。

鳥海メガネというのは医療機器ですから。HOYA のメガネレンズを選んでくださった人の眼が、少しでもよく見えてほしいと思っています。私自身、中学生のときにメガネをつくったことがあります。大好きな野球をしていて、夕方になって暗くなると見えづらかった。そのときにメガネをつくり、「こんなにありがたいものなのか」と感じたんですね。それから就職活動をするときに、メガネを通じて世の中に貢献できればと思った。そのときの気持ちは、いまも変わっていません。

工場

約300人ものスタッフが、そして無数の機器が、共同体となって
一枚のレンズをつくり上げる。人々の暮らしを支える高品質のメガネレンズを
自らの手で生み出しているという事実は、一人ひとりのスキルを高める
活力であり、誇りとなる。その想いこそが、時代や場所を超えて、
HOYA のなかで受け継がれてきた。そして、これからも——。

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード