おとなメガネコラム

おとなメガネ

おとなメガネ > おとなメガネコラム > Vol.02 老眼にメガネが良い理由

vol.2老眼に
メガネが良い理由2017.06.02

コンタクトレンズやレーシックは、メガネをかけたりはずしたりする必要のない便利なものですが、
老眼になるにつれ、いろいろな問題も発生してきます。前回、「老眼の初期症状と対策」について、
両国眼科クリニック院長の岩崎美紀先生にお話しを伺いましたが、
今回は、老眼により起こる眼の症状とメガネの利点についてお聞きしました。

Q1「老眼(老視)は、誰にでも起こる症状って本当ですか?」

老眼(老視)は、誰にでも起こる症状って本当ですか?

岩崎先生 老眼(老視)は、40歳前後から自覚する眼の老化現象。ピント調整を担う眼の筋肉が、加齢によって衰えるということを、前回はお話ししました。ところが、「近視の人は老眼にならない」「レーシック(屈折矯正手術)を受けたから大丈夫」という方がいますよね。これらはすべて誤解です。近視の人も老眼になりますし、レーシックを受けたからといって、回復した視力がずっと維持できるという保証はありません。術後視力が回復しても、眼の状態は年々変わっていきます。コンタクトレンズを使用している方も同様に、常に同じ度数のまま過ごせるとも限りません。コンタクトレンズを装用中に、手元のものを遠ざけて見ていたら、それは老眼の証拠です。遠視や近視などの屈折異常と、加齢による調節力の衰えは別のもの。老眼は年を重ねれば、誰にでも訪れるものなのです。また、老眼に限らず、眼の状態、見え方の変化に無関心でいると、眼病などが進行し、発見が遅れる可能性があります。メガネの度が合わなくなり、診察を受けたことがきっかけで、白内障や緑内障などの「眼病」が見つかったという例も少なくありません。メガネをかけることは、眼の状態の変化に気付きやすくなり、「眼病」の早期発見など、眼の健康を維持することにつながるのです。

Q2「老眼にはコンタクトレンズではなく、メガネが良い理由は何ですか?」

岩崎 美紀 先生

岩崎先生 眼の筋力のほかに、加齢と共に著しく減少するものが「涙の分泌量」です。それが老眼にどう関係しているかというと、コンタクトレンズを装用されている方が一番実感されているでしょう。涙の量が減ると、コンタクトレンズを入れにくい、入れるとごろごろする、外しにくい、眼が乾く、傷がつきやすいなど、煩わしさや違和感が多くなります。涙の量は40代以降、高齢になるほど減っていきます。それに伴い、コンタクトレンズの付け外しが一層面倒に感じられたり、ドライアイにもなりやすくなったり、コンタクトレンズの利用メリットを享受しにくくなっていきます。コンタクトレンズの装用率は、年齢と共に低下していく傾向があり、メガネとコンタクトレンズを併用しながら、なんとか我慢しているという方も多く、中には、コンタクトレンズをしたままかけられるメガネを求められるというケースもあります。加齢により乾燥した眼にコンタクトレンズを装用するよりは、メガネの方が眼への負担が少なく、付け外しの面でも扱いやすさがあります。いずれメガネをかけることになるのであれば、できるだけ早いうちからメガネに慣れておくと良いのではないでしょうか。

Q3「メガネ選びのポイントは?」

メガネ選びのポイントは?

岩崎先生 まず、「老眼鏡」という言葉に対する認識を変えていく必要があるでしょう。メガネレンズは種類が豊富で、技術も進化しているため、オンリーワンといえるほど自分の眼の状態に合ったものを作れる環境が整っています。「老眼鏡だなんて」というネガティブな気持ちではなく、「自分の生活スタイルに合ったメガネを」「近くも遠くも見やすいメガネを」というポジティブな発想でメガネ選びにのぞみましょう。視力検査の際に重要なことは、ご自身の眼が「正視」「近視系」「遠視系」のどれかを知ることです。そして、どのような生活スタイル(どのくらいの距離で、何をよく見るか)をしっかり伝えてください。その上でライフスタイルに合ったレンズをいろいろ試されてみることをお勧めします。何より40歳前後になってはじめてメガネをかける方には、まずはメガネをかけること自体に慣れていただく必要もありますね。お手元の見づらさが進む前に、できるだけ早い段階でメガネをかけはじめれば、徐々にメガネに慣れていけるでしょう。メガネ専門店でいろいろなレンズを試して、いろいろな見え方が選択できる、という喜びを知って欲しいですね。

岩崎 美紀 先生
Profile
両国眼科クリニック院長
岩崎 美紀 先生

1990年、東京女子医科大学卒業後、同大学眼科学教室に入局。
済生会川口総合病院、朝霞台中央病院に勤務した後、2000年に東京女子医科大学眼科教室助手となる。
六本木ヒルズクリニック創設時より眼科医長を務め、2012年より両国眼科クリニック院長に就任。

おとなメガネコラム記事一覧ページはこちら

OTONA LOG

OTONA LOG

「おとなメガネ」をかけると、見えづらかったものが見やすくなります。...

OTONA COLOR

OTONA COLOR

おとなメガネでおとなかわいく染まれ。青色光(ブルーライト)を抑えて眼...

老眼のしぐさあるある

老眼のしぐさあるある

見えづらくて見よう見ようとするしぐさは、見ていられない。おとなメガ...

おとなメガネ グレード一覧

おとなメガネ グレード一覧

目的に合わせて選べるHOYAのメガネレンズ。グレード一覧はこちらから。

累進屈折力メガネレンズ

製品情報

「遠近両用メガネレンズ」をはじめ、「室内用メガネレンズ」
...

視力のはなし

視力のはなし

「正視」「近視」「遠視」「乱視」「老視」。私たちの眼は、状態によっ...

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード