その他

二重焦点レンズ

ハイカーブ対応設計レンズ

Assist

40代からの生き方選び 老眼なんて、コワくない!

スマホが見づらい!本が読みづらい!最近、そんなことありませんか?
40代になって気づかされることのひとつに、「老眼」があります。
誰にでも訪れる「老眼」を知って、きちんと向き合えば、 あなたの毎日は、きっと、ますます楽しくなります!

年齢は、「見る仕草」にも現れるって、ご存知ですか?

あなたがスマホを見る位置が、
眼から何センチ離れているかチェックしてみましょう。

スマホを見る位置

老眼は誰でもなります。
だから早くからメガネに慣れておくことが必要です。

岩崎 美紀 先生

一度自分の姿をチェックしてみてください。
スマホを見る時、眉間にシワを寄せたり、
30cm以上離して本や新聞を見ていませんか?

眼の調節力は加齢とともに衰え、早い人では30代後半、多くの人は40歳を過ぎた頃から手元が見えづらくなります。誤解されやすいですが、近視の人でも、レーシックの術後でも、「老眼」になります。40歳前後になって「メガネは初めて」という場合は、まず「メガネに慣れる」必要がありますので、手元の見づらさが進む前に、早い段階からメガネに慣れ親しんでおきましょう。

両国眼科クリニック 院長 岩崎 美紀 先生

年代による老眼の症状

年代による老眼の症状

※表示年齢はあくまでも目安の年齢です。老眼の自覚には個人差があります。

あなたの眼をセルフチェック

CHECK01 仕事で長時間パソコンを使っている。
CHECK02 メガネをはずさないと近くが見づらい。
CHECK03 スマホや携帯をよく見る方だ。
CHECK04 眼が疲れやすくなってきた。
CHECK05 コンタクトの度数を弱めた。
CHECK06 「パ」と「バ」、「5」と「6」が識別しづらくなってきた。
CHECK07 夕方になると文字が読みづらい。
CHECK08 スマホを見たあとに遠くを見るとぼやけてしまうことがある。
CHECK09 スマホを見るときに眉間にシワを寄せているかも…

いかがでしたか?
気になった項目がある方は、
詳しい視力チェックを受ける事をおすすめします。

スマホ時代の必須アイテム!
40代の眼にやさしい
メガネレンズ<アシスト>

<アシスト>は、本やスマホを見るときの
眼の調節力をサポートしてくれるメガネレンズです。
近くを見続けていると感じる眼の疲れを防ぎます。

「視る」をおもいっきり楽しもう!
いつでもどこでもあなたの眼をアシストするメガネレンズ

詳細はこちら

スペクティーHG Assist

見たいシーンやライフスタイルに合わせて選べる
ファストラインシリーズです

詳細はこちら

「見る」環境を考えた
メガネレンズ

詳細はこちら

老眼について

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード