OTONA LOG

otona log 005

OTONA LOG

005

March 15. 2016

見るジャズ、聴くジャズ。
~音楽の鳴る街、横浜・野毛~

“ジャズの街”の異名を持つ、横浜の野毛(のげ)。かつてアメリカ軍基地があったため、アメリカ文化の入り口として栄えてきたこの街には、複数のジャズ喫茶が店を構えています。緻密に組み上げられた音階や、身体をスウィングさせるリズムがジャズの特徴のひとつですが、本来の魅力は、視覚的な要素が合わさってこそ存分に堪能できるというもの。レコードジャケットのアートワークや、楽曲の解説が描かれているライナーノーツ、そして、間近で見るミュージシャンの熱の込もったプレイ――それらすべてを感じることができる「ジャズ喫茶ちぐさ」が、今回の舞台です。

ジャズ喫茶ちぐさ

日本ジャズ喫茶の草分け的存在の「ジャズ喫茶ちぐさ」は、1933年吉田衛さんが開業。2007年野毛の再開発計画で惜しまれながら閉店するも、有志によって2012年復活しました。80年余りの歴史を誇る「ちぐさ」の伝説は数多くありますが、世界的なサックスプレーヤーの渡辺貞夫さんや、アメリカのジャズ界で最高の栄誉とされる「ジャズ・マスター賞」を受賞したピアニストの秋吉敏子さんが通っていたことは有名な話です。そんな「ちぐさ」は、ジャズを愛する人たちにとって、一度は行ってみたい憧れの場所。

店内

ずしりとした扉を引くと、目の前に現れたのは昭和の喫茶店そのものでした。店内をやさしく照らす暖色系の照明と、窓から差し込む陽の光のコントラスト。まるで昭和へタイムスリップしたような気持ちになり、店内を見渡すと、2つの巨大なスピーカーが目に飛び込んできました。誘われるようにスピーカーの近くの席へ向かうと、自分の背丈ほどもある大きさだということに気が付きます。スピーカーに向かって配置されているテーブル席に座り、壁に並んだ往年の名プレイヤーたちの写真やカウンター内の棚に収められたレコードを眺めていると、ジャズ喫茶初心者でもその歴史を肌で感じることができます。

レコード

椅子に腰かけていると、耳に入ってきたのは哀愁を帯びた男性の歌声。軽快なピアノの旋律、色気のあるバス、音の放物線を描いたサックス――。目をつぶると、この空間でしか体験することができない、本物の音に触れた感動が胸にじわじわと広がります。「ちぐさ」がジャズを鑑賞する喫茶店といわれる由縁がわかるような気がしました。店内のオーディオを見ていると、目に入ってきたのは「CHIGUSA」の刻印。デザインや設計はオリジナルの特注品だとか。さすが、音質だけでなく、すべてにこだわりがありました。

ちぐさ

一般的なジャズ喫茶では、店内で流すレコードを客がリクエストすることができます。音質の良いオリジナル盤を数多く取り揃えている「ちぐさ」では、約3,000 枚のレコードをストックしているそうです。用意していたリクエスト曲を伝え、店員さんがレコードを入れ替える動作を眺めていると、掛け始めと掛け終わりの際に、クリーナーで盤面を拭いていることに気が付きました。なんでも、毎回の手入れを欠かさずに行うことで、年代物のレコードも音質を良好に保てているそうです。レコードのジャケットも状態のいいものばかりで、ジャズへの深い愛情が感じられます。

コーヒー

リクエスト曲が流れ始めるまで、楽曲の解説や歌詞の和訳が書かれたライナーノーツに目を通していると、先にオーダーしたコーヒーが運ばれてきました。一口すすると、香りが鼻に抜けていきます。白ひげをたくわえた紳士がサイフォンで丁寧にコーヒーを淹れている様子が、曲をいっそう味わい深くしてくれます。周囲を見渡すと、軽く身体を揺らしてリズムを取る初老の男性や、小さな声で会話をしている若いカップルなど、老若男女がそれぞれの方法でジャズを楽しんでいます。

ライブ

撮影協力:木村秀子、吉田豊、二本松義史

雰囲気の良い店内、おいしいコーヒー、そして上質な音楽。それだけでも満ち足りた気持ちになりますが、実は、店内で開かれるミュージシャンの生演奏が今回のお目当て。今日のライブは、ピアノ・ウッドベース・ドラムのトリオ編成です。開演時間が近づくにつれお客さんが続々と入店します。ピアノの音色で静かに始まりを告げた演奏は、だんだんと感情をまとっていき、時には波紋一つない水面のように穏やかに、時には吹きすさぶ風のように激しく――。ミュージシャンと観客との距離は、離れていても2メートルほど。眼で見たプレイヤーの動きが、耳に入ってくる音とダイレクトにつながり、グルーヴ感を肌で感じることができます。空気の振動さえも見えそうな迫力あるステージは「ちぐさ」でしか体感することができない特別な空間。終演後、ミュージシャンと観客の満足げな表情がライブの素晴らしさを物語っていました。

スポット概要

ジャズ喫茶ちぐさ

ジャズ喫茶ちぐさ

神奈川県横浜市中野区野毛町2-94
12:00~22:00(火曜~土曜/バータイムは18:00~)
12:00~18:00(日曜/ライブ開催時は変更あり)
※月曜定休
「初めての人が楽しめるジャズ喫茶」をモットーに、ジャズの裾野を広げている同店。日曜日に開かれるライブ等は、入場料とドリンク代が発生します。詳細はホームページでご確認ください。また、2階には創業者の名前を冠した「吉田衛記念館」があり、かつてのお店を再現していますので、せひ足を運んでみてください。
http://noge-chigusa.com/jazz/

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード