OTONA LOG

otona log 001

OTONA LOG

001

おとなのギャラリーめぐり~前編~

December 1. 2015

アートは眼のご褒美です!

日頃のお手入れで髪や肌をケアするように、眼にも歓びを——。忙しいウィークデイは仕事の書類やパソコンやスマホ、溜まってしまった家事など、味気ない風景を眼にしてしまいがち。羽を伸ばせる休日には美しいものを見て、毎日頑張ってくれている眼にご褒美をあげませんか。

そこでおすすめしたいのが、おとなのギャラリーめぐり。アートは感性を刺激することで、“見ることの歓び”を教えてくれるもの。そして、わたしたちの心を豊かにしてくれるものです。作品だけではなく、その建築美でも魅了してくれるスポットを選んだので、休日の参考にしてみてくださいね!

築80余年のアンティークアパート 奥野ビル

銀座に佇むアンティークアパート
奥野ビル

まず足を運んでほしいのは、銀座の「奥野ビル」。知る人ぞ知る銀座のアートスポットで、クラシカルな外観に眼が釘付けになります。「どこかで見たことがあるかも……」と思っていたら、同潤会アパートの建築部長を務めた川元良一氏によって建てられたそうです。

扉を押してビルに入ると、まず眼に入るのが銀座最古ともいわれる手動式のエレベーター。なんと、いまでも実際に乗ることができます。重厚ながらもおしゃれな雰囲気が漂うビルのなかは、レトロでかわいい昭和の意匠がたくさんあるので、階段でゆっくり移動するのもおすすめ。ただし、ギャラリーに辿り着くまでに、写真を撮ろうと何度も足を立ち止まらせてしまいます……!

奥野ビル

かつて住居として使われていた一つひとつの部屋には、現在では約20のギャラリーが入居。奥野ビルが別名“アートビル”と呼ばれる理由です。銀座という土地柄もあって、各ギャラリーでは美大・芸大に在学中の気鋭の作家から著名な賞を受賞した注目の作家まで、見応えのある作品が展示されています。

ギャラリーのほかにも、アンティークショップやオーダーメイドの帽子店など、ユニークなショップがそろう奥野ビル。「ここは何のお店かな?」と、ワクワクがずっと続くスポットです。

奥野ビルのおすすめギャラリー

アートギャラリー石/206号室

アートギャラリー石/206号室

奥野ビルに住んでいた先代から受け継いだ部屋を、現オーナー・柴田さんがギャラリーとして開設。ファインアートを中心に、平面作品は絵画から写真まで取り扱っています。「作家と直接話せるのが画廊の魅力。買い手の存在が、作家の成長につながるんです」と柴田さんは話します。
http://artgalleryishi.com

ギャラリーカメリア/502号室

ギャラリーカメリア/502号室

業界の流行にとらわれず、インテリアとしても飾りやすい平面作品や立体作品を取り扱っています。ビルのレトロな雰囲気を生かしたギャラリーが多いなか、明るくさわやかな内装なのが特徴。改装前は企業のオフィスだったとは思えないような、心地いい空間になっています。
http://www.gallerycamellia.jp

スポット概要

奥野ビル

奥野ビル

東京都中央区銀座1-9-8
入場無料
※営業時間や定休日は店舗によって異なります

<アクセス>

東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩約1分/東京メトロ「銀座駅」から徒歩約5分

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード