眼のしくみ

眼のはなし

 

「見る」ということ

視覚(ものを見る)・聴覚(音を聞く)・嗅覚(においを嗅ぐ)・味覚(甘い辛いを味わう)・触覚(さわってみる)の五感は、人間が生きるうえで不可欠な感覚です。この五感で得る情報の約80%は、視覚によるものだと言われています。

詳しく見る

「見る」を支える3つの柱

1. 視力

どれだけ細かいものを見分けられるか、ものの形状を識別する能力をいいます。

2. 視野

視線を動かさずに見える範囲のことです(ぼんやり見える範囲を含む)。

3. 色覚

網膜にある視細胞によって、明るい場所で対象物の色を認識する感覚のことです。

 

眼の構造

人間の眼とカメラは、よく似た構造をしています。 それは、カメラが私たちの眼を手本にしてつくられているからです。
では、カメラと比較しながら、眼の仕組みについて説明しましょう。

詳しく見る

カメラに例える眼の構造

人間の「角膜」「水晶体」に該当するのは、カメラに内蔵されている"レンズ"です。また、周囲の明るさによって光の量を調節する「瞳孔」は"絞り"、外界の像が映る「網膜」は、"フィルム"に該当します。
ここまでは、眼とカメラは同じです。

眼の水平断面図(右眼)

眼の水平断面図

カメラの断面図

眼の水平断面図

眼のなかで起きていること

眼のなかで起きていること

眼は、網膜に映った逆さの像の情報を大脳にある視覚中枢に送り、ものを見ることができるようになります(カメラのフィルムや撮像素子にも逆さの像が映っています)。

調節していないときに入った光が眼内のどの位置でフォーカスしているかによって、眼の状態(正視・近視・遠視・乱視)を表現します。

遠くや近くのものにピントを合わせるとき、水晶体とその周囲の組織が働きます。水晶体は膨らみ、前に進むことによって近くのものにピント合わせをします。カメラはレンズの位置を動かし眼と同じ働きをします。眼は、水晶体が膨らみ、前進することによって近くにピント合わせをします。

このように、近くにピントをあわせることを「調節」といいます。この機能は10歳ないし14歳頃をピークに低下していきます。驚くべきことですが、正常な加齢変化です。

この変化のために、多くの人は40歳代から、近くの物を見るのに不自由を感じるようになります。この現象を、いやな言葉ですが「老視」とか「老眼」と呼ばれます。

この状態を放置すると"眼精疲労"になり得ます。

見え方に異常を感じたり左右に視力差がある場合は、眼科を受診することをおすすめします。健康に日常生活をおくるためにも、定期的に眼科を受診しましょう。

監修

医学博士 西信元嗣

奈良県立医科大学 名誉教授
ナンバ眼科院長
医学博士 西信元嗣

医学の進歩は科学の進歩につながっています。
今回、ご紹介した内容も、日々進化を遂げる可能性を秘めています。 これらの情報が、皆さまの快適な視生活に役立つことを信じています。

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード