眼のダメージ

眼のはなし

 

年齢を重ねることで
起きる眼の変化

年齢とともに少しずつ変わっていく、私たちの眼の状態。
わずか0.01の視力しか持たない生後直後から、どのような変化をたどっていくのかをお話します。

詳しく見る

年齢によって変化する眼の状態

私たちの眼の状態は、生涯にわたって少しずつ変化していきます。

0

生後直後

0.01程度の視力があります。

3歳頃まで

3歳頃まで

視力が0.6〜0.9になります。

5歳頃

5歳頃

視力が1.0になります。ものを立体的に見る「両眼視」が、ほぼできるようになります。

14歳頃から

10歳ないし
14歳頃から

ものを見るときにピントを合わせる「調節力」がピークになり、徐々に低下してきます。

40歳頃から

40歳頃から

老眼を感じる人が増えてきます。

60歳頃

60歳頃

個人差はありますが、正常な加齢変化としての白内障が発症します。

 

気をつけたい眼の症状

眼にはさまざまなダメージが起こります。
ここでは、気をつけたい眼の症状についてお伝えします。

詳しく見る

飛蚊症

蚊が飛ぶような見え方をすることが、飛蚊症という名前の由来です。
蚊やススのようなものが眼の前に見えたり、光が飛ぶように感じたりすることがあります。
30歳を過ぎた頃から感じる人が増えてきます。
多くの場合、加齢変化によって硝子体が混濁してくることによりますが、
網膜剥離や眼底出血が起こっていることもあります。
加齢変化による硝子体の混濁なら放置して差し支えありませんが、
蚊が飛ぶような感じがあれば、念のため眼科医を受診されることをおすすめします。

網膜剥離

網膜が剥がれる病気で、初期症状として飛蚊症を感じる人が多く、やがて視野の欠けが分かるようになります。
程度によって、手術の方法はいろいろあります。
放置すれば失明するため、眼科医を受診されることをおすすめします。

網膜剥離

緑内障

眼球内にある、眼圧という圧力に視神経が負けると、視野に異常が出て、進行すると失明にいたります。
日本人の5%が緑内障にかかっているといわれています。
40歳以上の方は、念のため、眼科医を受診されることをおすすめします。

緑内障

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性になると、碁盤の線(アムスラーチャート)がゆがんで見えたり、視野の中心が見えなくなります。
碁盤の真ん中に白石を一個おいて、立ち上がって白石を見る際、
碁盤の線がゆがんで見えたり、白石がはっきり見えない場合は要注意です。
網膜の中心が病気になっているおそれがあるため、 眼科医を受診してください。
50歳を過ぎたら十分に注意してください。

アムスラーチャート

アムスラーチャート

加齢黄斑変性

白内障

水晶体が混濁する病気で、 健康な人でも60歳を過ぎると正常な加齢変化として起きます。
加齢変化とは別に、生まれたときから水晶体が混濁している場合や、
糖尿病や他の病気に付随して起きる白内障もあります。
乳幼児や小児の瞳孔の中が白いと思われたときや、成人で視力低下を感じられたときは、眼科医を受診されることをおすすめします。

白内障

監修

医学博士 西信元嗣

奈良県立医科大学 名誉教授
ナンバ眼科院長
医学博士 西信元嗣

医学の進歩は科学の進歩につながっています。
今回、ご紹介した内容も、日々進化を遂げる可能性を秘めています。 これらの情報が、皆さまの快適な視生活に役立つことを信じています。

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード