メガネのお取扱い

お手入れガイド

メガネレンズをキズ付けないお取扱い方

きれいに見えるメガネレンズでも、よく見ると細かいキズが……。その原因は、普段のメガネの取扱い方かも。
レンズを拭くときや、保管・持ち運びをするときにはいくつか注意点があります。

メガネレンズの大敵はキズ

シャツの袖でレンズを拭いたり、レンズの面を下向きにしてメガネを置いたりしていませんか?
「これくらいなら大丈夫」と油断していると、気付かないうちにメガネレンズにキズが付いてしまいます。

心当たりはありませんか?

  • ネクタイ、ハンカチで拭いている

    ネクタイ、ハンカチ
    で拭いている

  • 首から提げたメガネがぶつかっている

    首から提げたメガネが
    ぶつかっている

  • レンズを下向きに置いている

    レンズを下向きに
    置いている

  • 引き出しの中に無造作に入れている

    引き出しの中に無造作
    に入れている

  • そのままポケットやバッグに入れる

    そのままポケットやバッグに入れる

  • 力を入れて拭いている

    力を入れて拭いている

例えば、自動車の表面に付いたキズの大部分は修復できますが、一度付いたレンズのキズは直せません。
知らず知らずに毎日少しずつ付いたレンズのキズ。気づいた時には、「遅かった・・・」という事態を避けるために、取扱い方には注意しましょう。

空気中のチリやホコリ

空気中にはチリやホコリ、ペットの毛、花粉など、さまざまなものが飛んでいます。これらは、一見きれいに見えるレンズの表面にも付いていることがあり、キズだけでなくメガネ拭きのヨゴレの原因にもなっています。

 空気中のチリやホコリ

チリやホコリ、車が巻き上げる鉄粉などの異物

乾拭き

レンズに異物が付いた状態で乾拭きすると、軽く拭いたつもりでもレンズの表面がキズ付いてしまいます。コーティングでキズを防ぐには限界があるので、メガネレンズとメガネ拭きは、異物のないキレイな状態にしておくのが理想的です。

乾拭き

異物に擦られて発生するキズ

  メガネレンズをキズ付けないコツ 

  • レンズ表面に
    付いたチリや
    ホコリを落とす
  • キレイなメガネ拭きで優しく拭く

メガネの保管方法

就寝時

就寝時にメガネをかけていると、レンズやフレームの破損・型くずれの原因になります。寝る前にメガネケースに入れ、手の届くところに置いておきましょう。

持ち運びする時、保管する時

持ち運ぶときやメガネを使わないときは、メガネケースに入れてください。ポイントは、お手入れをしっかりおこなった後に、布でレンズをくるんでおくこと。防虫剤や洗剤・化粧品・整髪料・薬品などと一緒に保管すると、レンズやフレームの変質・変色・劣化につながります。

メガネの保管方法

メガネケースについて

やや大きめのメガネケースを使ってください。メガネを入れたときに幅・高さ・奥行きに余裕があることが大切です。小さいメガネケースにメガネをしまうと、レンズやフレームが壊れてしまうことがあります。また、やわらかい素材のメガネケースも、携帯することで衝撃が加わってフレームが変形してしまいます。

BOOM Individual 販売店

BOOM Individual
販売店

続き

メガネのはなし

メガネのはなし

続き

お手入れガイド

お手入れガイド

続き

サポート

サポート

続き

メガネレンズ取扱説明書

メガネレンズ取扱説明書

PDFダウンロード